メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

パリ同時テロ2年の欧州 広がる「つながりの喪失」 イラン出身の仏社会学者 ファラッド・コスロカヴァール氏

 世界を震撼(しんかん)させた2015年11月13日のパリ同時多発テロ=1=から2年。130人が犠牲になった惨劇の後も欧州では移民2世らによるテロが相次ぐ。「聖戦」の名のもとに若者たちを過激な行動に走らせるものは何か。「過激化」研究の第一人者であるイラン出身の仏社会学者、ファラッド・コスロカヴァール氏(69)に背景を聞いた。【聞き手・福島良典】

--欧州におけるテロ続発は移民政策が破綻した結果ですか。

この記事は有料記事です。

残り2975文字(全文3176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです