メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

ムガベ大統領の弾劾準備 与党、党首を解任

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの政変で、与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)は19日、緊急の中央執行部会を開き、ムガベ大統領(93)を党首の座から解任した。さらに大統領職の即時退陣を要求、20日正午(日本時間同日午後7時)までにムガベ氏が自発的に辞任しなければ弾劾手続きに入ると最後通告を突き付けた。与党の強硬姿勢で退陣は不可避の状況となったが、これまで辞任を拒絶してきたムガベ氏が辞任表明するかは不明だ。

 ロイター通信によると、すべての与党の地方支部がムガベ氏退陣を要求したことを受け、党本部として党首解任を決議。6日に第1副大統領を解任されたムナンガグワ氏(75)を新党首にし、次期大統領候補に決めた。ムガベ氏の妻グレース氏(52)とその一派も党の役職を解かれ、追放された。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです