メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

大学入学後見据えた改革を 荒瀬克己・大谷大教授(京都市立堀川高校元校長)

「高大接続改革への願い」をテーマに講演する荒瀬教授=東京都千代田区の毎日新聞東京本社毎日ホールで15日

 <kyoiku no mado>

 2020年度に大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テスト。試験内容の変更点への関心は高まっているものの、教育改革の目的そのものが話題になることは少ない。15日に東京都千代田区の毎日新聞東京本社毎日ホールであった「第8回高大接続 教育改革講演会」(駿台予備学校、大学通信、毎日新聞社共催)では、京都市立堀川高元校長で大谷大文学部の荒瀬克己教授が「高大接続改革への願い」と題し、高校で大学入学後を見据えた教育をする重要性について語った。

この記事は有料記事です。

残り2530文字(全文2770文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです