メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

アジアプロ野球チャンピオンシップ 稲葉J、韓国降しV

【日本-韓国】四回裏日本無死一、二塁、外崎の右越え適時打で生還した二塁走者・山川(右)を迎える稲葉監督(左)=東京ドームで2017年11月19日、宮武祐希撮影

 新設された野球の国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は19日、東京ドームで決勝が行われ、予選リーグ1位の日本代表「侍ジャパン」が同2位の韓国に7-0と勝利。国際大会で初めて采配を振った稲葉新監督率いる日本が初代王者の座に就き、2020年東京五輪に向けて好スタートを切った。最優秀選手(MVP)には、外崎が選ばれた。

 日本は四回、外崎の適時打で先制。五回には外崎、西川の連続適時打で3点を追加し、六回に山川の2点適時打、七回には西川のソロで加点した。先発の田口は7回を投げて無失点と好投した。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  2. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです