メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2017秋/4 「狂気」に負けない 核実験に抗議する長崎市民の会代表・山川剛さん(81)

原爆資料館の資料を見る山川剛さん。背後の壁には背中一面に大やけどを負った谷口さんの写真が展示されている=長崎市で

 9月下旬、被爆者の山川剛さん(81)は長崎市役所で記者会見に臨んだ。これまで世話人を務めてきた「核実験に抗議する長崎市民の会」の代表に就いたことを報告するためだ。代表は、長崎の被爆者の象徴的存在だった谷口稜曄(すみてる)さんが長く務めてきたが、8月末に亡くなった。

 市民の会は核保有国が核実験をする度、長崎市の平和公園で座り込みをするなど抗議の声を上げてきた。「核廃絶に執念を燃やした谷口さんの思いを引き継いでいきたい」。会見で見せた厳しい表情に山川さんの強い決意がにじんだ。

 谷口さんは16歳の時、爆心地から約1・8キロで被爆し背中一面に大やけどを負った。山川さんは一度だけ…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです