メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・香春町

干し柿作りが最盛期

ビニールハウスにズラリと並ぶ干し柿=福岡県香春町採銅所地区で、斎藤毅撮影

 福岡県香春町採銅所地区で特産の干し柿作りが最盛期を迎え、ビニールハウスには出荷を待つ鮮やかなオレンジ色の柿がズラリと並んでいる。

 JAたがわ採銅所支所園芸部会のメンバーが、約330平方メートルのビニールハウスで生産している。同地区は寒暖差が激しく谷風が吹き抜けるため、干し柿作りに適している。

 さおに洗濯ばさみで1個ずつ留めて干すの…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです