公安調査庁

オウム観察処分、3年間延長の更新請求書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 オウム真理教に対する団体規制法の観察処分が来年1月末で3年間の期限が切れるのを前に、公安調査庁は20日、処分期間を3年間延長するよう求める請求書を公安審査委員会に提出した。2000年1月の観察処分決定以降、3年ごとに期間が更新されている。今回の請求が認められれば、6回目の更新となる。

 今回の請求は、これまで処分対象としてきた後継主流派「アレフ」と、07年に分派した「ひかりの輪」の2団体に加え、前回の更新決定(15年1月)以降にアレフから分派したとされる新集団も加えた。公安庁によると、教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集