日馬富士暴行

年内に立件判断 鳥取県警

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳥取県警の事情聴取を終え両国国技館を出る日馬富士関=東京都墨田区で2017年11月17日午後9時25分、長谷川直亮撮影
鳥取県警の事情聴取を終え両国国技館を出る日馬富士関=東京都墨田区で2017年11月17日午後9時25分、長谷川直亮撮影

初場所への影響を考慮か

 大相撲の横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋=が秋巡業中に前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋=に暴行した問題で、鳥取県警が日馬富士関の立件の可否を年内に判断する方向で捜査を進めていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。来年1月に開催される初場所への影響を考慮したとみられる。

 日馬富士関は、10月25日深夜から26日未明にかけて鳥取市内のラウンジで同じモンゴル出身の力士らと酒席の2次会を開催。この際、貴ノ岩関の生活態度を巡って激高し、頭部などを殴打したとされる。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集