メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞

最終候補作5作品が決まる

第34回織田作之助賞の候補作品。(左から作家名の50音順に)木内昇「球道恋々」、古谷田奈月「リリース」、谷崎由依=(C)Kikuko Usuyama「囚われの島」、東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」、又吉直樹=(C)Shingo Wakagi「劇場」

 新鋭・気鋭の作家に贈られる第34回織田作之助賞の最終候補作が20日決まった。選考会は12月19日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で行われる。

 候補作は、木内昇(のぼり)さん「球道恋々」(新潮社)▽古谷田(こやた)奈月さん「リリース」(光文社)▽谷崎由依さん「囚(とら)われの島」(河出書房新社)▽東山彰良(あきら)さ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです