メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞

最終候補作5作品が決まる

第34回織田作之助賞の候補作品。(左から作家名の50音順に)木内昇「球道恋々」、古谷田奈月「リリース」、谷崎由依=(C)Kikuko Usuyama「囚われの島」、東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」、又吉直樹=(C)Shingo Wakagi「劇場」

 新鋭・気鋭の作家に贈られる第34回織田作之助賞の最終候補作が20日決まった。選考会は12月19日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で行われる。

 候補作は、木内昇(のぼり)さん「球道恋々」(新潮社)▽古谷田(こやた)奈月さん「リリース」(光文社)▽谷崎由依さん「囚(とら)われの島」(河出書房新社)▽東山彰良(あきら)さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです