メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

茗渓学園が優勝 6年連続23回目 茨城

【茗渓学園-清真学園】後半14分、自陣5メートルラインからパスをつなぎ、茗渓学園のCTB宇津山(中央)がトライを決める=水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会茨城県予選(県高体連など主催、毎日新聞社後援)は19日、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸で決勝が行われ、茗渓学園が清真学園に43-14で貫禄勝ちし、6年連続23回目の優勝を決めた。茗渓学園は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。【川崎健】

     茗渓は前半21分、CTB大芦征矢選手(3年)のPGで先制。後半には左WTB加藤樹大選手(同)の3連続トライなどで突き放した。清真は後半20分、左WTB鈴木脩大選手(2年)のトライなどで反撃したが及ばなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    2. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
    3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    4. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    5. コンビニ駐車場 男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]