侍ジャパン

韓国降しV 7-0と圧勝 アジアCS

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アジアプロ野球チャンピオンシップ決勝【日本-韓国】四回裏日本無死一、二塁、外崎が右越えに先制適時打を放つ=東京ドームで2017年11月19日、渡部直樹撮影
アジアプロ野球チャンピオンシップ決勝【日本-韓国】四回裏日本無死一、二塁、外崎が右越えに先制適時打を放つ=東京ドームで2017年11月19日、渡部直樹撮影

 新設された野球の国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は19日、東京ドームで決勝が行われ、予選リーグ1位の日本代表「侍ジャパン」が同2位の韓国に7-0と勝利。国際大会で初めて采配を振った稲葉新監督率いる日本が初代王者の座に就き、2020年東京五輪に向けて好スタートを切った。最優秀選手(MVP)には、外崎が選ばれた。

 日本は四回、外崎の適時打で先制。五回には外崎、西川の連続適時打で3点を追加し、六回に山川の2点適時打、七回には西川のソロで加点した。先発の田口は7回を投げて無失点と好投した。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文978文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集