侍ジャパン

稲葉監督、柔軟采配得点導く アジアCS優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-韓国】四回裏日本無死一、二塁、外崎の右越え適時打で生還した二塁走者・山川(右)を迎える稲葉監督(左)=東京ドームで2017年11月19日、宮武祐希撮影
【日本-韓国】四回裏日本無死一、二塁、外崎の右越え適時打で生還した二塁走者・山川(右)を迎える稲葉監督(左)=東京ドームで2017年11月19日、宮武祐希撮影

 ○日本7-0韓国●(19日)

 選手たちに胴上げされ、4度宙を舞った稲葉監督に満面の笑みが広がった。「最高でしたね」。監督就任後、初の公式戦としてアジアのライバルを迎え撃った今大会。新任監督が若き侍ジャパンを頂点に導いた。

 試合前は堅実に攻める姿勢を示していたが、采配は柔軟だった。四回無死一塁で上林のバントが相手のミスを誘い、一、二塁と好機が広がると、続く外崎には一転して打たせる。「二塁走者の山川は足が速くなく、封殺もある。ずっと右打ちを上手にやっ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集