メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

長崎からボリビアに渡った花嫁 半世紀後、明かされた被爆

ともに被爆した亡き父への思いを語る米倉藤子さん=ボリビア・サンフアンで8月30日

 国連で今年7月に採択された核兵器禁止条約の条文に文言が盛り込まれた「ヒバクシャ」は海外にもいる。肥沃(ひよく)な土地を求めて古里を後にした移住者や祖国に戻った外国人らで、総数の3209人(今年3月現在)は全被爆者の2%を占める。南米・ボリビア。約束の地と夢見て59年前に海を渡った18歳の花嫁は、自身が閃光(せんこう)を浴びた事実を知らなかった。長崎に残した父の思いに気付いた今、揺れる胸の内を明かした。【平川哲也】

 ボリビア第2の都市サンタクルスから北西に約140キロ。かつて「犬も通わぬ」と皮肉られたぬかるみの悪…

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2701文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
  2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  3. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
  4. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  5. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]