メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 真鍋厚さん 生きづらさの正体問う

真鍋厚さん

 ■不寛容という不安 真鍋厚(まなべ・あつし)さん 彩流社・2484円

 <なぜこんなにも生きづらい時代になったのだろうか?>

 こんな切実な言葉から本書は書き起こされている。現代人の多くが抱えている「生きづらさ」や「不安」の正体を掘り下げ、進むべき道を探っている。歴史に尋ねるという「縦軸」、ネット社会の現実などの「横軸」をしっかり織り込んだ評論家による労作だ。

 「50年、100年といった近代史的なスパンで考えるだけでは、今のしんどさは正しく認識できないと思っ…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです