メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノベーティブ都市・鯖江

/上 地域活性化プラコンチームに密着 全国の学生、アイデア競う /福井

本町商店街で商店主に聞く内容について話し合うシフォンケーキの(左から)前中彩夏さん、望月祐之介さん、馬場悠介さん=福井県鯖江市本町で、立野将弘撮影

 女子高校生まちづくりグループ「鯖江市役所JK課」、ライブスタジオ機能を備えたライブラリーカフェ「tetote(テトテ)」--。鯖江市は県内外の有識者や若者のアイデアを革新的な(イノベーティブな)まちづくりに生かしている。9月9~11日にあった「鯖江市地域活性化プランコンテスト」もその一つだ。県内で唯一人口が増えている鯖江の元気の秘密があるかもしれないと考え、3日間密着し、アイデアの生まれる現場を取材した。【立野将弘】

 コンテストは大学生と大学院生だけが参加できる。参加者は市長になった想定で市の活性化プランを提案し、面白さや実現可能性を競う。10回目の今回は、24人が書類審査を通過。開催1カ月前に3人1組でチームが編成され、事前に電話などで議論。9月9日から、鯖江市本町3の誠照寺に泊まり込んでプランを練り、同11日に発表する。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです