メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノベーティブ都市・鯖江

/上 地域活性化プラコンチームに密着 全国の学生、アイデア競う /福井

本町商店街で商店主に聞く内容について話し合うシフォンケーキの(左から)前中彩夏さん、望月祐之介さん、馬場悠介さん=福井県鯖江市本町で、立野将弘撮影

方向性定まらず試行錯誤

 女子高校生まちづくりグループ「鯖江市役所JK課」、ライブスタジオ機能を備えたライブラリーカフェ「tetote(テトテ)」--。鯖江市は県内外の有識者や若者のアイデアを革新的な(イノベーティブな)まちづくりに生かしている。9月9~11日にあった「鯖江市地域活性化プランコンテスト」もその一つだ。県内で唯一人口が増えている鯖江の元気の秘密があるかもしれないと考え、3日間密着し、アイデアの生まれる現場を取材した。【立野将弘】

 コンテストは大学生と大学院生だけが参加できる。参加者は市長になった想定で市の活性化プランを提案し、…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです