メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノベーティブ都市・鯖江

/上 地域活性化プラコンチームに密着 全国の学生、アイデア競う /福井

本町商店街で商店主に聞く内容について話し合うシフォンケーキの(左から)前中彩夏さん、望月祐之介さん、馬場悠介さん=福井県鯖江市本町で、立野将弘撮影

方向性定まらず試行錯誤

 女子高校生まちづくりグループ「鯖江市役所JK課」、ライブスタジオ機能を備えたライブラリーカフェ「tetote(テトテ)」--。鯖江市は県内外の有識者や若者のアイデアを革新的な(イノベーティブな)まちづくりに生かしている。9月9~11日にあった「鯖江市地域活性化プランコンテスト」もその一つだ。県内で唯一人口が増えている鯖江の元気の秘密があるかもしれないと考え、3日間密着し、アイデアの生まれる現場を取材した。【立野将弘】

 コンテストは大学生と大学院生だけが参加できる。参加者は市長になった想定で市の活性化プランを提案し、面白さや実現可能性を競う。10回目の今回は、24人が書類審査を通過。開催1カ月前に3人1組でチームが編成され、事前に電話などで議論。9月9日から、鯖江市本町3の誠照寺に泊まり込んでプランを練り、同11日に発表する。

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  5. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです