メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

和歌山放送アナウンサー 覚道沙恵子さん 地域に寄り添い魅力伝える /和歌山

和歌山放送アナウンサーの覚道沙恵子さん=和歌山市湊本町3の同局で、石川裕士撮影

 <輝集(きしゅう)人>

覚道沙恵子(かくどう・さえこ)さん(25)

 和歌山放送に入社し、3年目を迎えた。澄んだ柔らかい声質で、局内最年少の報道制作部のアナウンサーとして土曜夕のニュース番組「サタデーニュース&スポーツ」のキャスターをこなす傍ら、行政から警察、街ネタまで自ら取材する。「私にしか出せない声や雰囲気で、和歌山の魅力をたくさんの人に伝えたい」と夢を描く。

 兵庫県宝塚市出身。自身の性格分析は「真面目そうに見られるけど、実はお調子者」。生徒時代は学校の先生…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです