豊北高図書室

「先輩の本棚」設置へ 「学んでいく刺激に」 卒業生8人の著書75冊展示 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
下関市立図書館豊北図書室に特設された寄贈本の展示コーナー
下関市立図書館豊北図書室に特設された寄贈本の展示コーナー

 下関市の豊北高校図書室に27日から、卒業生の著書を集めたコーナー「先輩の本棚」が作られる。来年4月に響高校と統合して下関北高校となるのを前に、卒業生らでつくる「北高夢ロード実行委員会」が「これから学んでいく刺激になってほしい」との思いで卒業生8人の著書75冊を寄贈した。21日までは市立図書館豊北図書室で展示されている。【佐藤緑平】

 「北高夢ロード実行委員会」の会長は、元梅光学院長の岡崎新太郎さんが務め、歴史学者の樋口州男(くにお)さん、元国立西洋美術館主任研究官の波多野宏之さんらが名を連ねている。これまで、雨傘の貸し出しや卒業生による講演会などさまざまな形で学校を支援してきたが、岡崎さんは「先輩たちがどんな分野で仕事をしているかや業績は、(在校生に)意外と知られていなかった」と話す。そんな中、波多野さんが中心になって卒業生…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文658文字)

あわせて読みたい

注目の特集