メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬猫

収容、高水準続く 昨年度3896匹、75%殺処分 県内保健所 /香川

犬を可愛がる参加者=高松市のサンポート高松で2017年9月24日、潟見雄大撮影

 昨年度、県内の保健所に収容された犬や猫が3896匹となったことが県の集計で分かった。前年度と比べて797匹減ったが依然として高い水準で、全体の4分の3は殺処分された。県は、一般の人に一時世話をしてもらうボランティア制度を設けるなど対策に乗り出している。【植松晃一】

 県生活衛生課によると、保健所が昨年度に収容したのは、犬2509匹、猫1387匹。年度をまたくが約100匹が元の飼い主、約850匹が新たな飼い主に引き取られた。しかし、それ以外の犬と猫は殺処分された。

 保健所に収容されると、犬や猫は5~7日間、元の飼い主が名乗り出るか、新たな飼い主の登場を待つが、い…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1091文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです