衆院代表質問

「安倍改憲」と対立鮮明 立憲「反対」/希望「違和感」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問が、20日の衆院本会議で始まった。首相は憲法改正について「国会における議論が深まる中で、国民的な理解も深まっていくことが極めて重要だ」と述べ、与野党に議論の加速化を改めて要請した。一方、質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表は9条に自衛隊を明記する首相案に反対。希望の党の玉木雄一郎代表も慎重な姿勢を示し、首相と衆院の野党第1、第2党の意見対立が鮮明になった。

 憲法9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持、交戦権の否認)を維持し、自衛隊の存在を明記する改憲案について、枝野氏はまず安全保障法制が立憲主義に反するとした上で、「今のまま自衛隊を明記すれば憲法は換骨奪胎される」と批判。玉木氏も「違和感を禁じ得ない。自衛権の範囲や要件も議論せず、単に自衛隊を位置づけるとの議論は極めて不誠実だ」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集