メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院代表質問

「安倍改憲」と対立鮮明 立憲「反対」/希望「違和感」

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問が、20日の衆院本会議で始まった。首相は憲法改正について「国会における議論が深まる中で、国民的な理解も深まっていくことが極めて重要だ」と述べ、与野党に議論の加速化を改めて要請した。一方、質問に立った立憲民主党の枝野幸男代表は9条に自衛隊を明記する首相案に反対。希望の党の玉木雄一郎代表も慎重な姿勢を示し、首相と衆院の野党第1、第2党の意見対立が鮮明になった。

 憲法9条1項(戦争放棄)と2項(戦力不保持、交戦権の否認)を維持し、自衛隊の存在を明記する改憲案に…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文932文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです