メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/1 第2の出発点(その1)

地方の足 襲った大震災

 「残り20キロ。一日も早く通す」。10月21日、小雨降るJR常磐線の富岡駅(福島県富岡町)。東日本大震災から6年7カ月ぶりに富岡を出発する列車を見送ったJR東日本社長の冨田哲郎(66)は、早期の全面開通を誓った。JR東にとって、震災は1987年の旧国鉄分割・民営化に次ぐ「第2の出発点」だった。

 「大きいぞ」「震源はどこだ」。2011年3月11日午後2時46分、東京・渋谷の本社27階の役員室。…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1148文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]