メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/1 第2の出発点(その1)

地方の足 襲った大震災

 「残り20キロ。一日も早く通す」。10月21日、小雨降るJR常磐線の富岡駅(福島県富岡町)。東日本大震災から6年7カ月ぶりに富岡を出発する列車を見送ったJR東日本社長の冨田哲郎(66)は、早期の全面開通を誓った。JR東にとって、震災は1987年の旧国鉄分割・民営化に次ぐ「第2の出発点」だった。

 「大きいぞ」「震源はどこだ」。2011年3月11日午後2時46分、東京・渋谷の本社27階の役員室。…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです