メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/1 第2の出発点(その2止)

JR大船渡線の盛駅(岩手県大船渡市)に到着したBRT=大久保渉撮影

 

BRTで過疎路線復旧

 JR大船渡線の始発点は、岩手県沿岸部の大船渡市にある盛(さかり)駅だ。駅舎内に新幹線チケットが買える「みどりの窓口」もあり、一見するとどこにでもあるJRの駅。ただし、往来するのは電車ではない。「BRT」と呼ばれるバスだ。

 BRTはバス高速輸送システムの略で、線路を舗装し直した専用道などにバスを走らせる。渋滞に巻き込まれる一般のバスと違ってダイヤの乱れが少なく、鉄道より保守管理費用も安い。

 津波でほぼすべての線路が流された大船渡線の盛-気仙沼間(43・7キロ)は、震災前の利用者数が採算ラ…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです