メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/5 政府との協力不可欠 元日銀審議委員・中原伸之氏

=横山三加子撮影

 --日銀の黒田東彦総裁の4年半をどう評価しますか。

 ◆最大の功績は、異次元の金融緩和によって円相場を過大評価から適切な水準に引き戻したことだ。その結果、輸出が増えて企業業績が良くなり、雇用環境が改善し、株価も上がった。しかし、世界的な競争激化で(物価の影響を除いた)実質賃金は上がらず、低金利で増えるはずの投資も進んでいない。黒田氏の任期後の次の5年間の最大のポイントは、財政政策の助けを借りることだ。

 --2013年1月に日銀が政府と結んだ共同文書は、財政政策を政府の役割としています。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文864文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです