メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

生島嗣さん=第31回日本エイズ学会学術集会・総会の会長を務める

生島嗣さん(いくしま・ゆずる)さん(59)

 エイズウイルス(HIV)陽性者の支援や予防啓発などに尽力してきた。医師・研究者以外で2人目の会長に。今は感染しても治療を受ければ日常生活を送れるようになったが、偏見や差別はまだある。「イメージや知識を更新してほしい」と、情報発信に力を入れる。

 父は牧師。厳格な家庭に育ったが、10代で自分が同性愛者であることに気付く。聖書の教えに反する罪悪感を抱き、「異性愛者にして」と祈った。

 30代でエイズに関するボランティア活動に参加し、初めて仲間にゲイだと打ち明けた。自然に受け止めてく…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです