メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

生島嗣さん=第31回日本エイズ学会学術集会・総会の会長を務める

生島嗣さん(いくしま・ゆずる)さん(59)

 エイズウイルス(HIV)陽性者の支援や予防啓発などに尽力してきた。医師・研究者以外で2人目の会長に。今は感染しても治療を受ければ日常生活を送れるようになったが、偏見や差別はまだある。「イメージや知識を更新してほしい」と、情報発信に力を入れる。

 父は牧師。厳格な家庭に育ったが、10代で自分が同性愛者であることに気付く。聖書の教えに反する罪悪感を抱き、「異性愛者にして」と祈った。

 30代でエイズに関するボランティア活動に参加し、初めて仲間にゲイだと打ち明けた。自然に受け止めてく…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文680文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]