メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1は7月4日再開 J2、J3は6月27日 実行委が発表
将棋

第76期名人戦A級順位戦 屋敷伸之九段-久保利明王将 第28局の1

 屋敷は、忍者流と呼ばれる鋭い将棋を指す。現在1勝3敗で、敗れるとA級残留へ向けて厳しい戦いが続く。何としても勝ちたいところだ。

 対して、久保はさばきの達人。2勝2敗だが、連勝から連敗だけに悪い流れを変えたい。勝って白星を先行させたいだろう。

 本局は久保得意のゴキゲン中飛車に、屋敷は[先]6六歩から持久戦の対策を用意していた。

 久保は[後]5三銀(図)で、相手の動きに対応するつもりである。のちの[後]6三銀で[後]7四歩や[後]6一金左も考えられるが、進展性に乏しい。後手番ながらも、積極策を狙って戦っていた。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです