メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

[腕時計が多様化する今、何を選ぶ?]華麗なる進化を遂げた21世紀型ムーブメント(第②回)(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ムーブメントは時計ブランドの技術力を見極めるうえで、特に欠かせない要素。各社はどんなところに注力しているのか?時計ツウの皆さんであれば知りたいであろう、ムーブメントの個性を探っていきます。前回はハイクラスの完全マニュファクチュールをご紹介しましたが、今回はハイクラスとエントリーの中間に位置する「一部マニュファクチュール」を見てみましょう。

20171120_hayashi_WN_01

 

 

一部マニュファクチュール

20171120_hayashi_WN_02

 

効率化と高級化を両立する21世紀型の製造体制

既存のエタブリサージュと新たなマニュファクチュールの体制を使い続け、コレクションの差別化を測る体制。ムーブメント専門メーカーのETA社がエボーシュ(ムーブメントの半完成品)の供給停止を発表以後、増加中です。

 

製造体制についてはこちらで解説!

 

ブライトリング:クロノマット44(自社製キャリバーCal.01)

↑Ref.A011B67PA/99万3600円↑Ref.A011B67PA/99万3600円

 

「航空時計の雄」ブライトリングの旗艦モデルは、自社製Cal.01を搭載。禁則時間帯のないカレンダー調整機能や70時間パワーリザーブなど、実用性にこだわった設計が光ります。ステンレススチールケース。500m防水。

 

 

ブライトリング:アベンジャーⅡ(ブライトリングキャリバーCal.ブライトリング13)

↑Ref.A339B32PSS/65万8800円↑Ref.A339B32PSS/65万8800円

 

ベゼル一体成型のライダータブを備えた屈強モデルの最新世代。長くブライトリングを支えているCal.13は、ETA製7750を自社工房「クロノメトリー」で調整したもの。COSC公認の高精度を誇ります。自動巻き。300m防水。

 

 

パネライ:ラジオミールブラックシール 8デイズアッチャイオ – 45㎜(自社製キャリバーCal.P.5000)

↑Ref.PAM00609/69万1200円↑Ref.PAM00609/69万1200円

 

マニュファクチュールムーブ開発の先陣を切ったパネライが手がけたコストパフォーマンスの高いCal.P.5000を搭載。8日間パワーリザーブを有しながら、圧巻の価格帯を実現しています。手巻き。ステンレススチールケース。100m防水。

 

 

パネライ:ラジオミールブラックシール ロゴアッチャイオ – 45㎜(OPキャリバーCal.OPⅡ)

↑Ref.PAM00380/47万5200円↑Ref.PAM00380/47万5200円

 

クッションケースが特徴的なパネライの最入門機にして、ロングセラーを続ける一本。手巻き式のベースキャリバーに独自のチューニングを施したCal.OP Ⅱは、COSC認定を受けた高精度仕様です。ステンレススチールケース。10気圧防水。

 

 

比較してみると、同じブランドの中でもモデルによってムーブメントに違いがあることが分かると思います。構造の独自性や精度へのこだわり、細部の仕上げなど、手をかければかけた分だけ時計の品格は増していくもの。腕時計の心臓部だからこそ各社がしのぎを削って作り出していくのも納得です。

 

 

 

【関連記事】
オメガに巨大クロックが登場!競泳オリンピアンのチャド・レクロー&菜々緒と東京五輪をカウントダウン
「G-SHOCK」が世界の共通語になった日【SHOCK THE WORLD in ニューヨーク イベントレポート:前編】
ダイアル上でブラックジャックを楽しむ!?インパクト抜群テンデンスの新作ウオッチ
セイコー プレザージュSTAR BAR限定モデルのモチーフになった 黄綬褒章バーテンダー岸さんのカクテルを味わう
時計の良さは“顔”に出る!視認性にも関係していた、ダイアル装飾技法【第2回】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです