メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院代表質問

首相、与党の質問増に理解「有権者の負託」

参院本会議で民進党・大塚耕平代表の代表質問に答える安倍晋三首相=国会内で2017年11月21日午前10時33分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が21日午前、参院本会議で始まった。与野党が協議中の国会での質問時間配分に関し、首相は「国会で決めることで、首相が答弁するのは控えたい」としつつ、「一般論として数万を超える得票で国会議員になった以上、与党野党に関わらず、国会の中で責任を果たすことが有権者の負託に応えることだとの指摘もある」と述べ、質問時間増を求める与党への理解を示した。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです