メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝屋川4乳児遺棄

「捨てられなかった」20年以上隠す

乳児とみられる遺体が3階の押し入れに隠されていた集合住宅を調べる捜査員ら=大阪府寝屋川市で2017年11月20日午後4時13分、本社ヘリから三村政司撮影

 大阪府寝屋川市高柳7の集合住宅でバケツにセメント詰めされた乳児4人とみられる遺体が見つかった事件で、大阪府警に死体遺棄容疑で21日に逮捕された母親の斉藤真由美容疑者(53)は、2年前にこの住宅に引っ越した際、遺体の入ったバケツも運び込んでいたことが分かった。「捨てられなかった。ずっと悩んでいた」との趣旨の供述をしているという。

 逮捕容疑は1992~97年ごろに出産して死亡した乳児1人をバケツに入れてセメント詰めにした状態で、当時住んでいた同市池田旭町の住宅に放置。2015年夏ごろに、現住所の集合住宅に転居した際、バケツも一緒に移して押し入れに隠したとしている。「産んだ子供を育てることができないので遺棄した」と容疑を認めているという。

 死体遺棄罪の公訴時効は3年だが、府警は今月20日まで斉藤容疑者が遺体を埋葬せずに自宅に放置して死体遺棄行為が続いていた上、2年前に転居する際に、遺体を移動して再び隠したと判断した。他の3人についても同様に遺棄していたとみて調べる。

 捜査関係者によると、斉藤容疑者は出産した4人の子供についていずれも妊娠を市に届け出ていなかった。いずれも池田旭町の住宅で出産し、すぐに遺体を遺棄。その後20年以上、遺体をバケツに隠しながら生活していたとみられる。

 府警は21日以降、セメントで固められた遺体を順次司法解剖して、出産時の乳児の生死の状況や死亡時期などを調べるとともに、自首した経緯や、20年あまりの生活状況を調べる方針。

 事件は斉藤容疑者が20日午前、同市内の交番に自首して発覚した。【山田毅、村田拓也、池田一生、藤河匠】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民進 解党検討 大塚代表、12日に提案へ
  2. 名古屋 高層ビル群に虹のアーチ 
  3. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か
  4. ストーリー 野党第1党、枝野氏の戦い(その1) 目指した議席は「20」
  5. 北朝鮮船 船員逮捕 激しい抵抗、緊迫の港 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]