メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府

議事録作成AIに 会議月100時間「業務半減」

AIを利用した記録作成のイメージ

 大阪府は来年度から、庁内で開かれる全ての会議や記者会見の記録作成に、AI(人工知能)の利用を検討している。記録作成には会議の倍以上の時間がかかるといい、職員の働き方改革の一環で負担の軽減を図る。府によると、庁内会議の記録作成にAIを全面活用するのは都道府県では初めてという。

 来年度当初予算案の概算要求に、導入に必要なマイクの購入費など約206万円を計上した。

 府IT・業務改革課によると、対象となる会議は、幹部同士の会議や外部の有識者らが加わる各種の審査会な…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文589文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです