オウム

教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する松本智津夫死刑囚の四女(手前)と、滝本太郎弁護士=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年11月21日、手塚耕一郎撮影
記者会見する松本智津夫死刑囚の四女(手前)と、滝本太郎弁護士=東京・霞が関の司法記者クラブで2017年11月21日、手塚耕一郎撮影

 オウム真理教の教祖・松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の四女が21日、父母に対する推定相続人の廃除を横浜家裁に申し立て、認められたことを明らかにした。四女の記者会見でのやり取りは次の通り。

「今も昔も父親とは思えない」

 四女 2006年1月より家族の元を離れ、信仰とも完全に決別し、社会で生きてきました。

 事件が起きて、両親をはじめ、信者が逮捕されたのは、私が5~6歳の時のことでした。私は2~3歳の時から窓もない倉庫のような一人部屋で生活していました。弟が生まれると、母から「ここには、もうあなたの居場所はない」と追い出されたのです。父親のことを、私は今も昔も父親とは思えません。私が生まれた時、父は既に教祖であり、「グル」でした。私は一度も直接、「お父さん」と呼んだことはありません。最初から尊師でした。

 (陶器の)破片入りのオムレツを食べさせられたり、真冬に薄着で外に何時間も立たされたり、何度か父の命令で死にそうになったことがあります。

この記事は有料記事です。

残り2619文字(全文3038文字)

あわせて読みたい

注目の特集