メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

岸田質問に注目したわけ=与良正男

 低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢」という言い方があるそうだ。先日の衆院本会議に登壇した自民党の岸田文雄政調会長の安倍晋三首相に対する代表質問で知った。

 歴代自民党実力者が頼りとしてきた陽明学者・安岡正篤が、元首相の池田勇人に助言した言葉だそうだ。安岡は、池田が創設した派閥「宏池会」の名付け親でもある。今、その派閥を岸田氏が引き継ぐ。

 この「正姿勢」をはじめ、今度の岸田氏の質問に注目したのは私だけではないと思う。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. 天皇陛下即位パレード 11月10日午後3時からに延期 予備日は設けず

  4. 台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです