メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

岸田質問に注目したわけ=与良正男

 低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢」という言い方があるそうだ。先日の衆院本会議に登壇した自民党の岸田文雄政調会長の安倍晋三首相に対する代表質問で知った。

 歴代自民党実力者が頼りとしてきた陽明学者・安岡正篤が、元首相の池田勇人に助言した言葉だそうだ。安岡は、池田が創設した派閥「宏池会」の名付け親でもある。今、その派閥を岸田氏が引き継ぐ。

 この「正姿勢」をはじめ、今度の岸田氏の質問に注目したのは私だけではないと思う。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです