メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

岸田質問に注目したわけ=与良正男

 低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢」という言い方があるそうだ。先日の衆院本会議に登壇した自民党の岸田文雄政調会長の安倍晋三首相に対する代表質問で知った。

 歴代自民党実力者が頼りとしてきた陽明学者・安岡正篤が、元首相の池田勇人に助言した言葉だそうだ。安岡は、池田が創設した派閥「宏池会」の名付け親でもある。今、その派閥を岸田氏が引き継ぐ。

 この「正姿勢」をはじめ、今度の岸田氏の質問に注目したのは私だけではないと思う。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです