メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

2年ぶりの舞台、温水洋一 三者三様、抱える悲しみ

温水洋一=濱田元子撮影

 温水洋一が、ノーベル文学賞作家ハロルド・ピンターの代表作「管理人」で2年ぶりの舞台に挑む。演出の森新太郎とは初顔合わせ。「出ずっぱりで予想通り稽古(けいこ)の量はハンパじゃないですが、本番ではやっている役者も楽しみたい」と意気込む。徐賀世子の新訳。

 1960年初演。舞台はロンドン。レストランを首になった宿無し老人デーヴィス(温水)は、アストン(忍成修吾)とミック(溝端淳平)兄弟のガラクタであふれた家に来るが、兄弟それぞれから家の“管理人”にならないかと提案される。

 デーヴィス役は森からの名指し。「映像ではホームレス役を演じたことがありますが、舞台では初めて。ガラ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文660文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]