大阪市

活性化へ、24区の創作落語 吉本と協定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市と吉本興業の包括連携協定締結式で、吉村洋文大阪市長、桂文枝さんらと一緒に写真に納まる大阪市内在住の芸人たち=大阪市北区で2017年11月22日、望月亮一撮影
大阪市と吉本興業の包括連携協定締結式で、吉村洋文大阪市長、桂文枝さんらと一緒に写真に納まる大阪市内在住の芸人たち=大阪市北区で2017年11月22日、望月亮一撮影

 大阪市と吉本興業は22日、笑いを通じて地域活性化を進めようと、包括連携協定を結んだ。落語家の桂文枝さんが市内24区を題材に落語を創作するほか、実際に各区に芸人が住んで活動する「住みます芸人」によるプロジェクトをスタートさせる。

 市は2025年万国博覧会(万博)の大阪開催に向けて誘致活動を進めており…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集