メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫カフェ

里親欲しいニャン 県内初 新潟、上越できょうオープン /新潟

新潟市にオープンする保護猫カフェと店主の神田弘樹さん=新潟市中央区で2017年11月20日午前11時48分、堀祐馬撮影

 「ワンワンニャンニャンの日」の11月22日、飼い主が飼いきれなくなったり、捨てられたりして保護された猫と触れ合い、里親として引き取ることもできる「譲渡型保護猫カフェ」が、県内で初めて新潟市中央区と上越市にオープンする。恵まれない環境にある動物への支援に加え、殺処分を減らすことにもつながると期待されている。【堀祐馬】

 新潟市中央区にオープンするのは、里親さがし猫カフェ「おっぽ」。出迎えるのはいずれも1歳半程度の雑種…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです