特別授業

ボーイング社が松阪・松尾小で 飛行機の原理や歴史、全校児童300人学ぶ /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
暖めた空気を中に入れた気球の上昇実験をするシアトル航空博物館のスタッフ=松阪市丹生寺町で
暖めた空気を中に入れた気球の上昇実験をするシアトル航空博物館のスタッフ=松阪市丹生寺町で

 米航空機大手ボーイング社が提唱している科学、技術、工学、数学を組み合わせた特別授業「ボーイング・STEMプログラム」が20日、松阪市丹生寺町の市立松尾小学校で実施された。全校児童約300人がサイエンスショーや模型作りを通して、飛行機の歴史や原理を楽しく学んだ。

 松阪市に航空機部品生産協同組合、松阪ク…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文377文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集