メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性向け作業服

市販化へ 但馬県民局、社会進出を後押し シルエット重視、デザイナーが開発 /兵庫

 女性の社会進出を後押しするため、女性の意見を反映させ但馬県民局が開発した「たじまウィメンズワークウェア」が、来年2月ごろから発売されることになった。

 但馬県民局によると、但馬地域では建設関連業に就職する若手技術者は減っているが、女性の割合は増加傾向にあるという。

 しかし、女性向けの作業服は少なく、不満の声が上がっていたため、県民局は新温泉町在住のデザイナー・岡本剛二さんに作業服の開発を依頼。豊岡市日高町の全但バス但馬ドームで昨年11月にあった「…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです