メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性向け作業服

市販化へ 但馬県民局、社会進出を後押し シルエット重視、デザイナーが開発 /兵庫

 女性の社会進出を後押しするため、女性の意見を反映させ但馬県民局が開発した「たじまウィメンズワークウェア」が、来年2月ごろから発売されることになった。

 但馬県民局によると、但馬地域では建設関連業に就職する若手技術者は減っているが、女性の割合は増加傾向にあるという。

 しかし、女性向けの作業服は少なく、不満の声が上がっていたため、県民局は新温泉町在住のデザイナー・岡本剛二さんに作業服の開発を依頼。豊岡市日高町の全但バス但馬ドームで昨年11月にあった「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです