メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性向け作業服

市販化へ 但馬県民局、社会進出を後押し シルエット重視、デザイナーが開発 /兵庫

 女性の社会進出を後押しするため、女性の意見を反映させ但馬県民局が開発した「たじまウィメンズワークウェア」が、来年2月ごろから発売されることになった。

 但馬県民局によると、但馬地域では建設関連業に就職する若手技術者は減っているが、女性の割合は増加傾向にあるという。

 しかし、女性向けの作業服は少なく、不満の声が上がっていたため、県民局は新温泉町在住のデザイナー・岡本剛二さんに作業服の開発を依頼。豊岡市日高町の全但バス但馬ドームで昨年11月にあった「…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 加計学園 首相面会否定、愛媛知事「ありえない」
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]