メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄光の先に

東京五輪への思い/2 フェンシングでソウルに出場、金津義彦さん 「島根から世界へ」全て懸け /島根

子供たちを指導する金津義彦さん(右)=松江市古志原4の県立松江工業高校で、長宗拓弥撮影

母校でクラブ開校 子供ら指導に意欲

 「それじゃあ相手に読まれてしまうぞ」

 松江市の県立松江工業高校のフェンシング場。剣が重なる金属音とともに、小中学生の明るい声が響く母校にソウル五輪(1988年)に出場した金津義彦さん(56)の姿があった。

 27歳の金津さんは五輪のフェンシング団体戦で大番狂わせを演じた。個人戦で金メダルを獲得したイタリアのステファノ・チェリオーニ選手をフットワークで圧倒して退けたのだ。

 金津さんは「私は捨て身だった。仲間や監督がハイタッチして迎えてくれた」と振り返る。チームは予選敗退したが、代表争いをした日本フェンシング協会の敷根裕一・強化本部長(51)は「当時の日本は実力も世界と対等に戦える力はなかった。大金星だ」と勝利の価値を語る。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです