特集

センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から31日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

21世紀枠に大竹初推薦 夏4強入りなど評価 県高野連 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ高校野球>

 県高校野球連盟は21日、来年3月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の21世紀枠候補校に、大竹(見村眞由美校長、大竹市白石1)を推薦する、と発表した。同校が推薦を受けるのは初めて。今夏の広島大会では55年ぶりに4強を果たし、今年の秋季県大会では16強入り。部員数の減少のため大会に出られなかった時期を乗り越え、着実に力をつけた点などが評価された。

 同校は創立97年目を迎える伝統校だが、甲子園出場経験はない。夏の広島大会で3度、準決勝に進出している。部員全員が地元出身で、清掃活動やあいさつ運動を行い、地域に信頼される部を目指している。夏の広島大会では全校生徒が応援に駆けつけ、学校全体で部を支える。

 2009年に就任した広田利信監督は13年、熱心な指導態度が評価され、高野連から育成功労賞を受けた。広田監督は「推薦された責任を感じている。技術的にも人間的にもますます成長したい」と気を引き締めた。

 21世紀枠は、技術だけではなく、高校野球の模範的な姿を実践する学校を選ぶ制度。12月15日に米子工(鳥取)、大田(島根)、岡山芳泉(岡山)、下関西(山口)から中国地区の候補校1校が発表され、来年1月26日の選考委員会で出場する3校が決定する。【小山美砂】

【センバツ高校野球】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい