メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペースワールド

跡地 都市計画変更を提案 新日鉄住金が北九州市に /福岡

 北九州市の北橋健治市長は21日の定例記者会見で、今年末で閉園する八幡東区のスペースワールドの跡地に関し、土地を所有する新日鉄住金が市に都市計画の方針変更を提案したと明らかにした。「新しい都市型観光拠点の形成のため、商業機能やエンターテインメント、文化などの都市機能の集積を図る」などとしているという。【井上卓也】

 提案は20日に提出され、現在は市の担当部局が受理するかどうか審査している。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです