メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

白西紳一郎日中協会理事長死去 「前事不忘」願った不戦=工藤哲(外信部)

北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席と握手する白西紳一郎さん(左)=撮影時期不明、白西さん提供

 日本と中国の間を500回以上往来し、半世紀にわたり相互理解に尽力した一般社団法人「日中協会」の白西紳一郎理事長が10月、大阪市内で77歳で亡くなった。

 白西さんは中国を最も深く知る民間人の一人で、日中関係にかかわる人なら知る人は多いはずだ。中国側の「貴重な『古い友人』」だったことは間違いない。訃報に接し、日中国交正常化(1972年)の時代を体験した世代が築いてきた日中関係が、一つの節目を迎えていると感じる。

 白西さんは40年、広島市生まれ。5歳の時に広島で被爆した。京都大を卒業し、67年に日本国際貿易促進…

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです