メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

大統領が仲介 連立協議決裂、再選挙回避狙う

 【ベルリン中西啓介】メルケル独首相率いる国政最大会派・キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)を軸とした3会派連立協議が決裂したことを受け、シュタインマイヤー独大統領は21日、協議に参加した中道の自由民主党(FDP)と左派・緑の党の幹部と相次いで会談し、政権樹立に向けた仲介を行った。世論調査では、仲介失敗の場合、少数与党政権発足ではなく、連邦議会(下院)解散による再選挙を求める声が高まっている。

 連立協議でFDPのリンドナー党首が合意直前に離脱を表明したことで、過半数を持つ政権の樹立が困難にな…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです