メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田日銀を問う

/6止 追加緩和が必要 早稲田大学政治経済学術院教授・若田部昌澄氏

=横山三加子撮影

 --黒田東彦総裁の4年半をどう見ますか。

 ◆白川方明・前総裁時代の持続的に物価が下がる状態は脱し、雇用も改善した。ただ、2%の物価上昇目標は達成できず、デフレの完全脱却は道半ばだ。消費を冷え込ませた2014年の消費税増税時に、黒田総裁は予想された物価上昇への悪影響について政府に警告を発すべきだったが、増税支持で前のめりになった。状況判断のミスだ。

 --物価目標は6度延期され、日銀は現在、19年度ごろの達成を目指しています。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです