メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

困難な環境にある子どもを本で支援 日本国際児童図書評議会

福島県南相馬市で9月、希望プロジェクトの一環として開催された絵本のワークショップ=一般社団法人日本国際児童図書評議会提供

 子どもの本の調査研究や国際交流事業を担う一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)が今年度から、貧困家庭や災害被災地など困難な環境で生きる子どもたちに、本を送ったり読み聞かせたりして支援する「希望プロジェクト」を始めた。9月には福島県南相馬市で初の交流イベントを開催。今後、子どもの支援に関わる文学者や詩人による講演会などの「希望プロジェクト学びの会」も始動させる。【塩田彩】

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです