メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=かねもとさんの漫画「夜泣き小屋」より

 赤ちゃんの夜泣きに悩むママたちが、すっぴんにパジャマ姿で集い、本音でおしゃべり--。そんな「夜泣き小屋」が、ネット上の仮想空間にある。「ツイッターが産後うつを救うことを伝えてほしい」というメールをもらい、取材を始めた。

 ●欲しいのは「同志」

 「親世代や先輩ママからの『昔はこうだった』『いずれ楽になる』というアドバイスが、かえって苦しい時もあるんです。だからといって同情してもらっても何も解決しません」。そう訴えるのは東京都内の会社員、うまきさん(35)。ツイッター名だ。5月に長女(1)の育児休業から復職した。少子化や核家族化の影響で、初めて触れる赤ちゃんが我が子という人は少なくない。「いい母親」になるためのアドバイスは世の中にあふれている。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で見かける友人たちのカラフルな離乳食や手作りの育児グッズに、小さな罪悪感を抱えた経験がある人もいるだろう。

 「妊娠前からの友人に育児の弱音は吐けないし、現実のママ友に心配をかけるのも怖い。結局きれいごとを言ってしまい、悪い母親の自分を見せることができない」。2児の母、うまきさんは「同じ時間軸で悩みを抱え、本音を言ったり経験を語り合ったりできる同志がほしいのです」と強調する。

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文2022文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです