メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

松本死刑囚と「縁切り」 四女、相続人から両親廃除

記者会見する松本智津夫死刑囚の四女(手前)と、滝本太郎弁護士=東京・霞が関の司法記者クラブで21日午後、手塚耕一郎撮影

 オウム真理教の教祖・松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(62)の四女(28)が21日、東京都内で記者会見し、父母に対する推定相続人の廃除を横浜家裁に申し立て、認められたことを明らかにした。家裁の認容決定は先月31日付。四女は「父母と縁を切りたかった」と語った。

 会見に同席した代理人の滝本太郎弁護士によると、四女が廃除を申し立てたのは2015年12…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです