特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

将棋

第67期王将戦リーグ 挑戦者は豊島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第67期王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の最終局は21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、豊島将之八段(27)が深浦康市九段(45)に勝って5勝1敗へ星を伸ばし、挑戦権を獲得した。豊島の王将挑戦は2回目。久保利明王将(42)との七番勝負第1局は来年1月7、8の両日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。

 今期は前王将の郷田真隆九段(46)ら7人で総当たりのリーグ戦を行った。豊島は好調に勝ち続け、深浦と斎藤慎太郎七段(24)が2敗で追いかけた。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文633文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集