メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「3号機」燃料搬出準備へ カバー、機械着々

東京電力福島第1原発3号機の建屋上部に設置されたかまぼこ形のカバー=本社ヘリから宮武祐希撮影

 東京電力福島第1原発事故から6年8カ月、炉心溶融した3基の中では最初に3号機原子炉建屋最上階の立ち入り取材が21日、許された。がれきの撤去が終わり、事故直後とは見違えるようだった。

 最上階は地上約30メートル。除染やがれき撤去後に厚さ最大約25センチの金属板を敷き、放射線量を下げた。当初は遠隔操作…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 東京開催のアーティスティックスイミング五輪予選、4~5月に延期で調整

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです