メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店売上高

大阪9.5%増 訪日客好調 東京0.3%減 10月

百貨店の化粧品売り場では大量購入した商品をスーツケースに入れて持ち帰る訪日外国人の行列が目立つ=大阪市阿倍野区の近鉄百貨店本店で2017年11月21日、宇都宮裕一撮影

 日本百貨店協会が21日発表した10月の全国百貨店売上高によると、大阪地区は前年同月比9・5%増の659億円で、10カ月連続で前年同月を上回った。台風の影響で伸び率は9月(13・9%)より下落したが、引き続き訪日外国人の消費が旺盛で、東京地区が0・3%減とマイナスになったのとは対照的。「爆買い復活」の兆候も見え始めた。【宇都宮裕一】

 「友人の分も含めて16万円分の化粧品を買えてとても満足」。21日、中国・上海から旅行中にあべのハルカスの近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)を訪れた会社員の女性(28)は笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです