メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店売上高

大阪9.5%増 訪日客好調 東京0.3%減 10月

百貨店の化粧品売り場では大量購入した商品をスーツケースに入れて持ち帰る訪日外国人の行列が目立つ=大阪市阿倍野区の近鉄百貨店本店で2017年11月21日、宇都宮裕一撮影

 日本百貨店協会が21日発表した10月の全国百貨店売上高によると、大阪地区は前年同月比9・5%増の659億円で、10カ月連続で前年同月を上回った。台風の影響で伸び率は9月(13・9%)より下落したが、引き続き訪日外国人の消費が旺盛で、東京地区が0・3%減とマイナスになったのとは対照的。「爆買い復活」の兆候も見え始めた。【宇都宮裕一】

 「友人の分も含めて16万円分の化粧品を買えてとても満足」。21日、中国・上海から旅行中にあべのハル…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです