メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城から初マラソンへ

クイーンズ駅伝を前に/中 松田瑞生(22)ダイハツ 負けず嫌い、心待ち

松田瑞生(みずき)(22)

 今年6月の日本選手権1万メートルで初優勝した松田瑞生(ダイハツ)は8月の世界選手権ロンドン大会にも出場した。勢いに乗る22歳は年明けに初マラソンに挑む予定だ。「ようやくスタートラインに立てる。海外選手にどれだけしがみついていけるかが楽しみ」と心待ちにしている。

 全国高校駅伝の常連である大阪薫英女学院高から入社して4年目。早くから42・195キロを視野に入れており「マラソンをするならダイハツと言われて入った」と松田は言う。ダイハツは2012年ロンドン五輪と13年世界選手権に木崎良子、15年世界選手権に前田彩里と近年のマラソン代表を相次いで出してきた。松田も昨年はリオデジャネイロ五輪代表こそ逃したものの日本選手権1万メートル…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです