メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫る・追う

ホームドア、初の実証試験 軽量・低コストの「柵型」 福岡でJR九州

 <フォーカス>

 JR九州は21日、利用客の線路転落を防止する新型ホームドアを筑肥線の九大学研都市駅(福岡市)の下りホームに設置し、実証試験を始めた。従来型より軽量化したのが特徴で、同社が在来線駅にホームドアを設置するのは初めて。全国的にホームドアのない駅は視覚障害者の転落事故が相次いでおり、国はホームドアの設置推進を鉄道事業者に要請しているが、鉄道各社の車両の種類ごとにドアの数や位置が異なる点が最大の課題だ。【石田宗久】

 「軽量、低コストのホームドアだ。鉄道があらゆる人にとって安全であってほしい」。新型ホームドアを考案した運転士養成シミュレーター製作の音楽館(東京)の向谷(むかいや)実社長はこの日、ホームで作動状況を確認した。フュージョンバンド「カシオペア」の元キーボード奏者で鉄道ファンの向谷社長は開閉時のメロディーも作った。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです