メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイバー攻撃

都が冊子発行 イラスト多用「極意」まとめ

都が発行した「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」の表紙=都産業労働局提供

 インターネットのサイバー攻撃から中小企業を守るため、東京都産業労働局は対策を分かりやすく解説した冊子「中小企業向け サイバーセキュリティ対策の極意」を製作した。20万部を発行し、都内の中小企業に無償で配布する。

     都が事務局となり、警視庁や中小企業支援機関と相互に連携して中小企業へのサイバー攻撃などへの対策を支援する「東京中小企業サイバーセキュリティ支援ネットワーク」には2016年度、70件の相談が寄せられた。感染するとロックされて使えなくなってしまい「身代金」を支払うよう要求される「ランサムウェア」と呼ばれるコンピューターウイルスに関する相談が増加傾向にあるという。しかし、中小企業はセキュリティー対策の担当者を確保する余裕がないことが多い。

     冊子はイラストを多用し、専門用語をなるべく使わないようにした。具体的な被害の例を物語形式で紹介するなど、初心者でも理解できるように工夫したという。都の担当者は「初期対応についても掲載している。活用してほしい」と話す。

     冊子の申し込みはコールセンター(0570・015372)、またはウェブサイト(https://www.cybersecuritybook-tokyo.jp/)。【柳澤一男】

    「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」に記されているサイバー攻撃に対する対策の一覧表=都産業労働局提供

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米高校乱射 「モンスターと暮らしていたとは」寄宿先夫婦
    2. 厚労省 65歳以上も就労支援 生活困窮者に対応
    3. 高齢者 「一律65歳」見直し 政府、大綱改定で就労促進
    4. 西宮市 市長の辞職願に市議会が同意 「殺すぞ」暴言問題
    5. 平昌五輪 「ぼったくり宿」限定的「普段の倍、許容範囲」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]